ブログ

FiNQUEST #09 宝蔵寺 智昭

こんにちは!

FiNC広報の玉野井桐子です☆

今日は情熱あるFiNC社員を紹介するFiNQUESTです^^

第9弾は、宝蔵寺 智昭(ほうぞうじ ともあき)さんです!

宝蔵寺さんは2015年3月に入社し、社長室室長を務めています。

それでは、攻略スタートです!\(^o^)/

 

前職の仕事内容と今の仕事の内容は?

IMG_7643
SoftBankで孫正義社長直轄の経営企画室および社長室で働いていました。その後、起業を経て、FiNCに入社しました。

SoftBankでは、ソフトバンクアカデミーの立ち上げや経営会議の運営、中長期の事業戦略の思案、孫さんの復興支援金100億の運用など、いろいろなことに携わりました。
経営者に寄り添うことや、企業を俯瞰的に見ることは好きでしたが、意思決定も人を動かすことも孫さんの力を借りてやっていたので、起業という形で親離れをしてみたくなり、起業しました。

起業すると本当に自分しかいなくて、SoftBankのときとはまた違った苦労がありましたが、当時の経験は今の業務でも非常に役立っています。

今FiNCでは、人事や総務や社長特命企画など、溝口さんや岡野さんはじめ経営陣のサポートをしながら何でもやっています。

ベンチャー企業は、人が命だと思うので、溝口さんが考えている経営戦略や中長期の事業戦略を実現するために、溝口さんの手が届きづらい、人や組織まわりをやっていきたいです。

 

なぜFiNCに入社しようと思った?

宝蔵寺
入社を決めた理由は2つあって、ひとつは溝口さんに惚れたということと、もうひとつはFiNCメンバーの人と志が好きだったからです。

溝口さんに会えたことは本当に運命的でした。私が感じた溝口さんの凄さは理屈とかではなく本当に感じるところでしか無いと思うのですが、溝口さんと会ったとき、底から絶え間なく湧き出てくるマグマのようなエネルギーというのを感じたんですね。孫さんやあの世界の人たちが共通で持っているものを溝口さんから感じました。

もうひとつのFiNCの人や志が好きというのは、FiNC SPIRITでいう Compassion〜思い遣り〜 と Integrity〜誠実さ〜 を全員から感じたんです。皆が純粋に夢やVISIONを追っていて、FiNCの誰と話しても言ってることに嘘がない感じがしました。実際、入社してもCompassionしかないじゃん!と思うくらいです(笑)こんなふうに思える会社にはなかなか巡り会えないですよね。

溝口さんやFiNCの皆を見て、FiNCなら絶対に世の中に価値あるサービスを残すことができるって思いました。実際健康って価値あるものですし、当たり前になったら嬉しいですよね。

 

仕事をする上で心がけていることは?

IMG_7565
SoftBankのときの教えは今でも心がけています。「やるって言ったら絶対やる、すぐやる、しかも一番でやる」というソフトバンク魂です。

孫さんからよく、「動かない奴は去れ。考えるだけで動かない奴もいらない。批評家もいらない。」と言われていました。とにかく動くことを心がけています。

あとは、その行動に自分が信じる信念があるか、ということが大事だと思っています。溝口さんがよく言う言葉で「正義の反対はまた別の正義」というのがありますが、会社の意思決定が自分の正義と違ったとき、なにが自分の信念と違ったのか整理できないとすぐに行動するのは難しいんですよね。なので、いかに短時間で整理できるかということも心がけています。

もうひとつ心がけていることは、今日の自分と明日の自分で変わろうと思うことですね。今日の成功体験も、昨日の成功体験も全て捨てられると、常にゼロからスタートする気持ちを持てます。

ゼロからスタートして、常に「まだまだだ」と思うことを繰り返すんです。そうやって自己肯定と自己否定を繰り返すことで、もっともっと、という貪欲さが出るので、成長を早めると思っています。

 

働く上でのやりがいは?

Image
働く上でのやりがいはシェアすることだと思っています。お客様に喜んでもらったことなどを、社員と分かち合って一緒に喜びあえたときが一番嬉しいです。

お客様に喜んでもらうためには、「お客様以上にお客様を知る」ということが大事だと思っています。そこからお客様にいいと思われるものを考え抜いて形にして、「ありがとう」という言葉をいただいて、やる気が出てきてまたお客様に返すというシェアのサイクルを作ることが大切だと思っています。

お客様からどれだけ感謝してもらえるか、喜ばれるサービスを作れるかというところが、やりがいの根源になると思います。

 

今のFiNCメンバーに求められる力は何だと思いますか?

IMG_7648
FiNCの皆には、自分を信じる力とやり切る力を持って欲しいと思っています。

小さいことでも、自分で決めたことを信じて、小さく刻んでやる習慣が大事だと思っています。

あまりにもハードルが高すぎると自己承認できなくて疲れてしまうことってあると思うんですけど、それを小分けにして自分がやると決めたことを1日0.3%でもいいからやることが成長する力だと思います。そうしたら1年で達成できますよね。

そして、やったことを成長したと認めることだと思います。それがまたやり切る力になると思うんです。

ソフトバンクは、孫さんが言ったことを絶対的にやり切るんですよ。しかも皆が前倒しでやりきるんです。FiNCにもその文化ができたらいいと思っていて、溝口さんのやりたいことはみんなのやりたいことになって、すぐやる、末端までやる、というのが理想です。

 


本日のFiNQUEST は以上になります!

みなさん、宝蔵寺さんを攻略出来ましたか?^^

宝蔵寺さんの共感力やサポート力を感じていただけたらクリアです!

インタビューの回答からも、宝蔵寺さんの寄り添い支える姿勢が感じられました。

次回のFiNQUESTは、宮崎亜紀子さんです♪

お楽しみに!


 

宝蔵寺 智昭(ほうぞうじ ともあき)

社長室室長
東京工業大学大学院修士課程修了。米化学品大手デュポンにて、技術開発、営業、マーケティングに従事。経営戦略コンサルティング大手 株式会社ドリームインキュベータにて、大手企業の新規事業計画・中長期戦略策定、ベンチャーの経営支援、に従事。その後、ソフトバンク株式会社にて、孫正義社長直轄の経営企画室および社長室でシニアマネージャとして、経営会議の立上げ・運営、経営戦略策定、事業計画策定、事業再生支援、新規事業立上げ、後継者育成、中長期ビジョンの策定等の各種プロジェクトの推進に従事。その後、リーダー開発、新規事業支援の事業で起業。その後、FiNCの志に共感し入社。