ブログ

週刊ホテルレストランHOTERES連載第2回! 〜離職率の低下に寄与する「ウェルネス経営」〜

従業員の心身の健康にフォーカスする「ウェルネス経営」により、離職率が下がり、その先に採用・育成コストの削減も期待されるメカニズムを、弊社CWOの乗松が解説しています!

現在、宿泊・飲食サービス業界では、就業体制が不規則なこと、長時間労働であることによる従業員の健康状態悪化や、離職率の増加が課題とされています。

そんな中、社員が健康になるためには、まず社員が自身の課題を認識して、自分に最適な生活習慣を理解すること(パーソナライズ)、 そしてその生活習慣を継続することが重要です。
この「パーソナライズ」「継続」を実現してはじめて、ウェルネス経営が機能するのです。

▼詳細は、ぜひ実際の記事でご確認ください!(オンライン)
http://www.hoteresonline.com/articles/2830

▼ウェルネス経営協議会 ホームページ
https://wm-council.com/