ブログ

ヘルスケア事業を支えるプロフェッショナル集団!ライフサイエンス部

はじめまして。FiNC ライフサイエンス事業部の上田です。
你好,我是生命科学部的上田。
สวัสดีค่ะ ยนิ ดที ี
่ไดรู้จ้กั ดฉิ ันชือ่ อูเอดะ จากแผนกไลฟ์ ไซเอนซ ์บริษัท FiNC

突然、びっくりしたかもしれませんが、FiNC には現在 20 カ国出身の人材がいて、ライフサイエンス部は、中国人が 2 名(インターン生を含めると 3 名)、タイ人が 1 名在籍しています。そのため、部内でも英語が飛び交っています。

専門性としては医師、薬剤師、理学療法士などの国家資格を持ったメンバーや、ストレス、遺伝子、公衆衛生について大学で勉強してきたメンバーなど多彩なバックグラウンドを持ったメンバーで構成されています。そんなインターナショナルなプロフェッショナル集団(自分で言っちゃった、笑)のライフサイエンス部について紹介いたします。

まずはライフサイエンス部の仕事を紹介します。ライフサイエンス部の仕事を大きく 3 つに分けると以下のようになります。
(1)エビデンスチェックをする
(2)エビデンスを作る
(3)エビデンスを基に事業やプロダクトを創る

え、そもそも「エビデンス」って何って?
じゃあ質問です!!
「アイスクリームはぁ、風邪を治すのに効果がありますか?」
前に風邪の時にアイスクリームを食べたら治ったって?

地球上に人間は何人いると思ってるの?

73 億!・・・あと 8000 万人。

・・・・・というように「アイスクリームを食べたら風邪が治った」という 1 人の方の例だけで、73 億 8000 万人の人に対して「アイスクリームが風邪に効果がある」ということを言うことはできません。

(1)エビデンスチェックをする

この時に大事なものが「エビデンス=証拠」ですが、そのエビデンスの「確からしさ(エビデンスレベルと言います)」が更に重要です。
「アイスクリームを食べたら風邪が治った」ことはエビデンスですが、その確からしさを考えた時に、たった 1 人の例だけでは「確からしさ」は低いですよね。そもそも、風邪でしたら自然に治っただけかもしれません。

FiNC では、食べ物や運動などのアドバイスや紹介をしていますが、この時にエビデンスレベルの高いエビデンスを基にしています。
ちなみに、先ほどの人口も国際連合(United Nation) World Population Prospects(http://www.un.org/en/development/desa/population/)による 2015 年の世界の人口を参照しています。そのエビデンスの調査をするのがライフサイエンス部の仕事です。

(2)エビデンスを作る

また、FiNC では他の機関で作られたエビデンスを基にするだけではなく、自分たちでエビデンスを作っています。エビデンスを作るとは、具体的には研究などで集めたデータを分析して、言いたいことが正しいかを検証することです。先ほどの、「アイスクリームが風邪に効果的」ということが正しいことを示すにはどうしたら良いでしょうか。

1 人ではなく、数万人で「アイスクリームを食べたら風邪が治った」というエビデンスがあれば、「アイスクリームが風邪に効果がある」という主張が正しい可能性が高まります。風邪なので、自然に治ることを考慮して、「アイスクリームを食べない人たちと比べて、アイスクリームを食べた人の方が風邪が早く治った」というエビデンスも必要ですね。

こうしたエビデンスを作るために、人を集めて研究を行うか、FiNC アプリなどの FiNC のサービスから得られている膨大なデータを分析することによって「アイスクリームを食べない人たちと比べて、アイスクリームを食べた人の方が風邪が早く治った」、すわなち「アイスクリームが風邪に効果がある」ことを証明します。
もちろん、データを分析した結果、「アイスクリームが風邪に効果がない」という結果になる可能性もあります。これがエビデンスを作るという作業です。

これまで、FiNC 内だけではなく、様々な大学や会社と協同研究をしています。FiNC がどのようなことをしているのか知りたい方はプレスリリースを見てみてください。
https://company.finc.com/news/category/press

(3)エビデンスを基に事業やプロダクトを創る

3 つめの「エビデンスを基に事業やプロダクトを創る」ですが、上記のように得られたエビデンスから新しい事業やプロダクトを作ったり、既存の事業やプロダクトを改善したりしています。

例えば、慶應義塾大学の岩本教授とデータ分析を行った結果、猫背や食習慣が働く意欲に影響、生活習慣の改善でエンゲージメントが増加する可能性が示唆されました。このエビデンスから、猫背や食習慣を改善し、エンゲージメントをあげるための事業やプロダクトを作ることが私たちの仕事です。

https://company.finc.com/news/8851
この仕事は Product Development 部など、色々な部とも一緒に行っています。

こうした、私たちライフサイエンス部の仕事がなぜ大事であるのか?

世の中にはさまざまな情報がありふれています。「フェイク・ニュース」が本当のことのように広まってしまうように、情報が正しいかを判断できる人は多くありません。例えば、最近では塩水によるダイエットが効果的という情報が流れたことにより、それを試した方で健康被害が報告されましたね。

FiNCのVisionは「一生に一度のかけがえのない人生の成功をサポートする」ことです。健康に良いと思って頑張ったことが健康を害してしまい、かけがえのない人生を幸せにすごせなかったらもったいないです。そのために、正しい情報を正しく伝えることが重要です。だから私たちは「信頼性の高いエビデンス」にこだわります。

私は食べることが大好きです。FiNCのMissionである「お客様ひとりひとりに寄り添い、健康の先にある幸せな生活を実現する」。私にとって「健康の先にある幸せな生活」は、健康を維持して、美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲み、大好きな人達と楽しい時を過ごすことです。私が大好きな1年半待ちの焼肉屋さんの予約を取っていたら、一緒に行く予定の友人から「糖尿病になって食事制限のため、焼肉を食べることができない」と言われ、改めて健康の大事さを認識した出来事もありました。

ひとりが直接アドバイスできる人数には限りがありますが、ITを使えば、世界中の方にメッセージを届けることができます。正しいメッセージを最適なタイミングで届け、多くの方が健康で幸せな生活ができるようサポートするFiNCのライフサイエンス部に興味を持った方、是非一緒に働きましょう♪


タグ: , , , ,
Recruit 採用情報
FiNC Debelopers Blog
会社概要
お問い合わせ
facebook
youtube

カテゴリー