ブログ

FiNCのTRY動画ができるまで│FiNCのクリエイティブ

こんにちは、
今回は2回目の執筆となるFiNCクリエイティブの河村が、クリエイティブの動画チームにおける動画制作のフローを簡単にご紹介したいと思います。

FiNCのクリエイティブはインハウスで様々な媒体でのコンテンツやクリエイティブ制作を行っております。もちろん動画もまた然りです。

動画チームの大きな特徴としては社内での一貫制作を行っているため、全てのメンバーが企画から納品までプロジェクト全体を通して携わるという点です。そしてその媒体は様々で、自社アプリ内コンテンツ、ブランディング動画、広告宣伝用動画、企業タイアップ動画など、多岐に渡ります。

また、時には企画の前段階、様々なアイデアを出し合うブレインストーミングから積極的に参加して、より良いコンテンツ制作を図っています。今回はFiNC映像制作における大まかな制作フロー、取り分けTRYのコンテンツにフォーカスを当ててご紹介したいと思います。

 

【プリプロダクション】

動画制作フローにおける準備段階、「プリプロダクション」において、先にもご紹介した通りメンバーそれぞれがプロジェクトが進行するかなり前の段階から積極的に関わっていきます。
企画会議やコンセプトの確認を経て企画が固まったなら、プロジェクトメンバーと連携を取りながら動画完成までに必要なスケジューリングを立てていきます。実際の撮影当日の流れ、編集期日から修正の期間、完成後の納品スケジュール。さらに実際にどのような動画にしていくのか、必要な動画内の情報やカメラアングルまで、企画に沿って綿密な設計図を描きます。プロジェクトメンバーと協議し、動画に対する目的や認識をすり合わせておくのもこの段階で、撮影する1ヶ月以上前から準備段階として動き出します。

 

【撮影】

準備段階でチームで密なコミュニケーションで組まれたスケジュールに基づいて撮影が行われます。
出演者はもちろん、場所、衣装、背景など、事前打ち合わせに基づいて動画の中に収まるであろう全ての必要な要素を、動画として撮影していきます。プロジェクトメンバーと共に進めて、納得がいくものになる様に細心の注意をもって進めていきます。

余談ですが、クリエイティブではこの時、撮影に使用するカメラや照明など、使用するすべての機材を分担しつつオペレートします。
専門的な知識を要する機材も多々あり、都度メンバー同士で勉強会や練習を行い切磋琢磨しております。

 

【ポストプロダクション】

そして撮影後にコンテンツの元となる動画素材を確認して、事前に組まれた設計図に従って編集が行われます。
編集は主に素材を加工し脚色して意図したものへ作り変える作業のことを言いますが、この段階においても動画内での演出や素材の使用箇所など、プロジェクトメンバーやチームの皆にラフ案などを渡してフィードバックをもらいながら、絶えず意見を出し合ってより良いものを作る努力をしています。もちろん事前に決めたスケジュールに沿って編集が行われるため、時には動画チーム内においても動画内に組み込むアニメーションの作成や、ラフ案に向けてのパターン出し、色や音声、音楽の調整など、分担して行う場合もあります。

 

以上がFiNCクリエイティブの動画チームにおける大まかなTRYコンテンツの制作フローです。

動画チームの業務内容として、コンテンツ制作はもちろんの事、他にも多種多様な業務を行っています。ブランディング、マーケティングを始め、プロモーションや広報活動など、実に多岐にわたります。それゆえ、必ずしもこのフローが全てに当てはまるわけではないですが、インハウスのクリエイティブが持つ一体感をこの場を借りてご紹介したく、今回ブログにさせていただきました。

もちろん我らがクリエイティブは様々な人と関わり合いながら、一丸となってより良いものを作っていくことを念頭に動いているため、
完成したら終わりではなく、完成から新たな「より良いもの」の為、フィードバックを貰い形を変えて創造し直し、試し続けることを大事にしています。

そして私もFiNCクリエイティブとしてユーザーにより良いコンテンツを提供できるよう、常に試行錯誤を忘れずに制作して参りたいと思います。


タグ: , , ,
Recruit 採用情報
FiNC Debelopers Blog
会社概要
お問い合わせ
facebook
youtube

カテゴリー