ブログ

動画チームの動画制作以外の業務をご紹介! │FiNCのクリエイティブ

こんにちは。クリエイティブ部の越光と申します。

私は動画を制作するチームに所属していますが 通常業務の撮影、ノンリニア編集以外の業務にスポットを当てたいと思います!

 

<社内映像環境のケア>

1つ目は社内の映像インフラの設営や補助です。

弊社はIT企業でもあるため、ITリテラシーが高い人は多いですが難しい機械操作や、ややこしい配線に関するリテラシーは当然みんな人並みです。

そんな中、動画制作のチームは仕事で様々な機械を使用しているため必然と映像機器や端末に詳しくなり、社内で頼られることが多くなります。

例えば、会議で使用している大きなモニターやプロジェクター。

パソコンをつないで資料を大きく表示。会議をスピーディーに進める大事なツールです。

パソコンとはHDMIケーブルで接続するのですが「挿せば映る」というごく普通なことを実現するには見えない努力と知識が必要なのです。

映らなかった場合、どこを疑ってどうすれば復帰するのかの最短ルートを瞬時に出す必要があります。

そのトラブルや運用はチームで共有しているので動画チーム全体としてヘルプ体制ができています。

 

<大ホールの技術オペレート>

少し話はそれますが、FiNCは2017年末に既存の5階フロアに加え7階フロアを増床しました。

7階には執務室エリア、さらにスタンディングで300人以上入れる大ホールがあります。

 

この大ホール、何と言ってもプロジェクターと大スクリーンが自慢なんです。

高さ:約2.5m 横:約14mの巨大な投射エリアに NECさんの高性能プロジェクターを4台も使用するという大胆仕様。

テーマパークのアトラクションの様に一面に大きく表示しダイナミックな空間を演出できます。

広さも十分なので、ヨガやフィットネスのイベント、社外向けの発表会まで様々な用途で使用しています。

この際にビデオスイッチャーや音声ミキサー・照明などのオペレートが必要になるのですが、これがもう1つの業務です。

 

マイクの音量を細かく調整しながら、ビデオスイッチャーに繋がれたPCやカメラのスイッチングを行います。

時にはPinPして資料と登壇者の顔をワイプで合成する時もありますし、トークセッションをテレビの様に中継する事もあります。

中継する時はもちろんスイッチャー役とカメラ役に分かれます。

動画チームの自慢できる所は何と言っても本番に強く、現場での判断が早い所。

説明をあまりしなくても互いにチームプレイを発揮できます。

 

イベントの際は、テイストに合った大きな一面の動画を流したり、自撮り映えする背景を写し出したり、会見用の市松模様を出したり、ヨガのイベントの時は森の背景を出して森林浴気分になったり、、、

動画チームと各コンテンツ担当者のアイデアが融合して1つの空間ができた時は 本当に楽しいです。

動画制作を主としながらも、イベントやライブの運営やオペレートまで味わえてしまう所は まさしく「美味しいとこどり」ですね。マルチな業務を経験値にできます。

 

<最後に>

動画制作と言ったら、デスクで延々とモニターに向かっているようなイメージかもしれません。

しかし、FiNCの動画チームは全員がいくつも「タグ」を持っており、チームメンバー内でかけ算をしながら業務をこなしています。

足りないところは仲間から学べるし、強い所はもっと伸ばせる。そんな環境です。

カスタマーへ少しでも多くの「FiNCの想い」を届けられるようにチーム一同頑張っていきます!


タグ: , ,
Recruit 採用情報
FiNC Debelopers Blog
会社概要
お問い合わせ
facebook
youtube

カテゴリー