ブログ

<発表者インタビュー>AWS Summit Tokyo 2018に登壇しました!

こんにちは。 

FiNCでSREグループのマネージャーをしている鈴木です。 

 

2018年5月30日から6月1日の3日間で開催されたAmazon Web Serives主催のイベント「AWS Summit Tokyo 2018」に弊社の中村が登壇させていただきました! 

FiNCも少しずつこういった機会をいただけるようになったのかと思うと非常に感慨深いです。 

 

▼当日の登壇資料はコチラ 

FiNCを支えるインフラ技術 ~ ECSとDevOps~ 

 

 

 

 

 

今回は当日に参加した僕と篠塚、登壇者の中村の3名で事前準備から当日の話まで対談形式でお届けしたいと思います。 

 

 

(鈴木)まずは先日のAWS summitの登壇お疲れ様でした!緊張しましたか?

(中村)発表3日前から緊張してました(笑)もちろん当日もめちゃくちゃ緊張しました。13時からの発表だったのですが、会場が9時からしか開かないのに、8時に入れると思って来てしまいました。 

(中村)結果的に資料の手直しなどを直前までやっていたので、時間があって良かったなと思いました。 

(鈴木)Facebookに書かれていましたが、8時に藤田さん(FiNCを 担当してくれているAWSの中の人)と会ったんですか? 

(中村)藤田さんがちょうど会場に向かうところで私が戻ろうとしたときに会いました(笑) 

 

(鈴木)今回の発表はどういった経緯で決まったのでしょうか? 

(中村)私からAWS Summitありますよねと運営の方に聞きました。ちょうど発表者枠の募集をする前でFiNCを選考に乗せてもいいですかと聞かれ、ぜひお願いしますという流れです。 

(中村)ちなみに、登壇がなぜ決まったかというとECSの利用の比率が多かったからです。実はECSを本番で運用しているところがまだ少ないそうなんです。 

(鈴木)そうなんですね、意外です。 

(中村)他社では開発環境でECSを使っていたり、メインの大きなアプリケーションはEC2のままだったりするところも多いみたいですね。 

(鈴木)FiNCではメインの一番大きいのからECSに乗っけましたからね。 

(中村)それが今回の登壇において良かったのだと思います。AWS SummitでECSの話はユーザーの事例を入れて4つあったのですが、ECSを使うことが条件だったので。 

(篠塚)発表でもありましたが、弊社で工夫したことはEC2の環境からECSの環境に徐々にトラフィック寄せて行った部分になるのでしょうか? 

(中村)そうですね。ただ、本番のサービスはEC2上でリリースしていましたが、トラフィックが多く来る前だったので比較的リリース後でも変更がしやすかったです。 

 

(鈴木)テーマはどう決まったのでしょうか? 

(中村)適当に決めちゃいました(笑)後で考えましょう、とりあえずECSでといった流れです。 

 

 

(鈴木)資料作成は順調でしたか? 

(中村)結構大変でした。弊社の広報へ最終的に資料チェックをお願いしていたのですが、近くにいたデザイナーが僕の資料を見て、資料作成協力したのに・・と言ってくれたんです。作っては壊しを4~5回繰り返していましたので、もっと早く助けてもらえば良かったなと後悔と反省をしています(笑)ただ、鈴木さんを初め弊社のエンジニア達も資料作成や相談などにも乗ってくれて、本当に有り難かったです。一人の力では出来なかったですね。 

 

(鈴木)登壇してみて何か発見はありましたか? 

(中村)登壇している時よりも、資料作成の時に多く発見がありました。聞き手の立場に立って、こういった話をした方がいいだろうと考えたり整理することが出来ました。 

 

(鈴木)今回の登壇において失敗したことありますか? 

(中村)発表はしっかり出来たと思っているのですが、やはり資料を作るまでのプロセスが失敗だったなと思っています。時間をかけた割に、作ったのを壊してまた作ってというのを繰り返してしまった。進め方の問題ですね、ここは非常に反省点です。 

 

 

(篠塚)アーキテクチャについて改めて思うことはありますか? 

(中村)ECSのUtilクラスター(資料参照)はよく考えられていると思います。あとは今後、デプロイフローをいろんな人が触って改修できるようになっていくといいなと思っています。 

 

(篠塚)今回の資料作成でFiNCやアーキテクチャの魅力は伝わったと思いますか? 

(中村)アーキテクチャの魅力については伝わったと思います。発表後のask the speakerで個別にお話をしていた時に、railsの事例の話や質問を多々いただきましたので。FiNCの魅力については十分伝わったと思っているのですが、登壇時の会社紹介が長く、それだけで話が終わるんじゃないかと思ったと知り合いからフィードバックをいただきました(笑) 

(篠塚)それ、僕も思いました(笑) 

(中村)もっと大手なら会社の認知度もありますが、弊社のサービスはまだまだ知られていないですし、そこはわざと長い時間を使いました。これで少しでも認知度が上がってくれればいいなと思っています。 

 

 

(鈴木)ask the speakerでの質問内容はどういったものが多かったですか? 

(中村)これからECSに移行したいですという質問が多かったと思います。 

(鈴木)結構ニーズがある発表が出来たということですね。 

 

(鈴木)反響はありましたか? 

(中村)AWSのJAWSユーザーグループで、今回の話をもう一度してほしいと言っていただき、次の機会につながりました。 

(篠塚)おお、いいですね! 

(中村)あまりこういったコミュニティには関われていなかったので、今後もっと関わっていきたいなと思っています。 

 

 

(篠塚)AWSさんとは普段どういった関わりを持たれているのでしょうか? 

(中村)今は営業さんに何かあればSlackで個別に相談をしています。今後はAWSの技術者の方にも相談出来るような関係性を構築して行きたいと思っています。 

(篠塚)先日、弊社にAWSのSAの塚田さんをお呼びしてハンズオンを行なったと思うのですが、そういった勉強会をもっとやって行きたいということでしょうか? 

(参考) https://medium.com/finc-engineering/ソリューションアーキテクトに学ぶfinc-aws勉強会-b44cff26b673 

(中村)そうですね。周りからもとても評判が良かったですし、非常に勉強になりましたので。 

 

(篠塚)では最後にAWS summitに登壇したいと思っている人にアドバイスをお願いします! 

(中村)やっていることがすごい事ではなくても、少しでも知らない人がいたらシェアしようという感覚でやってみてもいいと思っています。自社で当たり前にやっていることが、実は皆が困っていることだったりすることは結構あると思います。そのくらいの気持ちでいると発表者側も登壇しやすくなるし小さい事でもここでシェアしてみたい!と思ってくださると思いますので、皆さんでAWS Summitを盛り上げていけたらと思っています。ちなみに次回もぜひ登壇させていただきたいと思っていますので、AWSさんよろしくお願いします!! 

 

(全員)(笑)本日はありがとうございました! 

 

 

最後に・・ 

現在FiNCではSREチームの募集を行なっています! 

少しでもご興味をお持ちいただけましたらまずはお話しませんか? 

詳細はWantedlyをご覧ください! 

https://www.wantedly.com/projects/214107 


タグ: ,
Recruit 採用情報
FiNC Debelopers Blog
会社概要
お問い合わせ
facebook
youtube

カテゴリー