ブログ

【FiNC Patent Blog】 日本テレビ系カラダWEEK×FiNC コラボウォーキングイベント「億WALK」を裏から支える知財

モチベーションの維持のために、コミュニティを盛り上げる仕組みが存在していた。

ヘルスケア/ダイエットアプリ「FiNC®️」では、フィンク部活や歩数グループをはじめとしたコミュニティが運営されています。最近では11月に開催された日本テレビ系 カラダWEEK×FiNC「億WALK」が参加者23万人を記録するなど話題になりました。

億WALKのリリースはこちら:https://company.finc.com/news/12729

さて、ウォーキングやランニング、フィットネストレーニングなどを継続して行うためには、モチベーションの維持が不可欠です。モチベーションが上がらないと三日坊主になってしまったり、何かがきっかけで一日サボッてしまうとそのあともズルズルとサボリがちになってしまうこと、よくありませんか?

一方で、友達と一緒にフィットネスジムに通ったり、何人かで行うグループ形式のレッスンに参加したりすると、続けるのがつらい時にもお互いの存在が励みになったりします。FiNCの継続性の高さの秘密は、このようなコミュニティを盛り上げてユーザそれぞれのモチベーションを維持するところにあります。

 

これを実現する知財がFiNCの特許ポートフォリオに含まれている5件の「コミュニティ特許群」です。

1.コード入力によって他のユーザとのチャットルーム生成(特許第6247781号)

この特許は、チャット内でコードを入力すると、そのコードに関連付けられている他のユーザ(個人ユーザ/サービス提供会社など)とのチャットルームが新たに生成されるものです。新たに生成されたチャットルームでは、トークはもちろん、コンテンツのやり取りも行うことが可能となります。

特に、サービス提供会社が配布するクーポンコード等を入力(又はバーコードの取得など)することによってその会社とのチャットルームを生成することも可能となり、割引クーポンや、コンテンツの提供等、様々なシーンで役に立つ技術です。

イメージ図

2.自動対応bot介在型コミュニティ(特許第6560431号)

この特許は、例えば、コミュニティに参加しているユーザの誰かがミッションを達成すると他のユーザに対してそのことを伝えたり、メッセージやスタンプを送るように促したりする機能です(図A)。また、ユーザの誰かが行った質問に運営者側が自動で応答したりする機能も含まれております(図B)。

図A(イメージ図)

図B(イメージ図)

3.ユーザのアクションに応じてユーザ同士で応援をし合う(特許第6560473号)

この特許は、例えば、ユーザの誰かがミッションを達成したときに(歩数1万歩超えた、減量3kgに成功した、等)そのことを他のユーザにお知らせして、他のユーザから褒めてもらったり、更に応援してもらったりできる機能です。例えば、歩数が足りなかった日には励ましのメッセージを他のユーザからもらったり、もう少しで達成できそうなときには応援のメッセージを受けることも含まれています。

(イメージ図)

4.ユーザ端末に記録されるアクションをきっかけにユーザ同士で応援をし合う(特許第6560474号)

この特許は「2.」の特許の更に「歩数が〇歩以上超えたとき」「タスクをクリアしたとき」のように、ユーザ端末に記録される達成アクションを応援し合う機能です。

 

5.ユーザからの質問への回答を他のユーザにも通知(特許第6560475号)

この特許は、例えば、ラジオのリクエストはがきのように、コミュニティ内のユーザから受けた質問への運営者側の回答をコミュニティの他のユーザにも伝える機能です。

(イメージ図)

FiNC Technologiesが取得している知財について今後、定期的にブログでご紹介いたしますのでお楽しみに!

 

 

 

 


Recruit 採用情報
FiNC Debelopers Blog
会社概要
お問い合わせ
facebook
youtube

カテゴリー