ブログ

広告動画制作とマーケティング

こんにちは。クリエイティブ部 動画チームの本田です。
今回は私が担当している広告動画について書きます。みなさんも毎日いろんな広告を目にすると思います。
最近だと、電車の中も街のサイネージだけでなくタクシーの中でも動画が流れていますよね。
それに伴い媒体やサイズ、見せ方もどんどん変化しています。

広告によって目的は違うと思いますが、
FiNCアプリのWEBやSNS広告の場合はスマホユーザーに配信できるので、
ダウンロードページからダウンロードしてもらい、
その後継続して利用してもらうことが大きな目的になります。
ではどういう広告にするのか。

FiNCアプリは「からだのすべてを、ひとつのアプリで」というコンセプトで
アプリの中に健康や美容に関する機能がコンテンツが備わっています。

ざっと内容をあげるだけでもこれだけの機能があります。

コンテンツ記事・動画
歩数、体重、睡眠、食事、生理のライフログ記録
部活コミュニティ
ライブ配信
ポイント獲得
FiNCモールで買い物
クーポン利用
人工知能がサポート
etc…どれも大事な機能ですし、ニーズはあります。

からだのすべてが、ひとつのアプリに入ってるだけに、
何を伝えれば効果が出るか選択肢が多すぎて分からない。。
それぞれに的確な内容の動画を作って効果を出していきたいけど、
媒体も違えば、ユーザーも違うし、動画の指定サイズや長さも違うので、
闇雲に作るわけにもいかず、お手上げ!となるわけです。
そこでマーケティング部のメンバーが登場します。

 

マーケティング部のメンバーは
それぞれの配信先の管理ツールを使って、配信した動画広告を毎日分析しています。
検証結果の分析フィードバックをもらい、
今までの勝ちパターンや季節、最近のトレンド、アプリとの関連性などを踏まえて
改善点を見つけて論理的に提案してくれます。
次の目的をお互い明確にできたら、効率よく効果を出せそうなクリエイティブを制作。
いきなり工数をかけるのではなく、まずは複数パターンを短納期で制作して配信テストを行い、
こまめに検証してどんどんブラッシュアップしていくというPDCAサイクルになります。
広告の内容とダウンロードページの内容がずれていると、
ページに進んでもダウンロードしてもらえないし、
ダウンロードしても、アプリの中身とマッチしていないと継続して使ってもらえません。
トータルで様々なデータ検証を行い、常に制作し続けていくことで、
満足してもらえるアプリユーザーを広告費を抑えて獲得していく形になります。

私もFiNCに入るまで、ここまで機械学習やデータを細かく分析して
戦略的にトライアンドエラーを繰り返して広告が作られているとは思いませんでした。
FiNCがベンチャーでプラットフォームビジネスを目指しているからこそ、
すべての部署が一丸となって深く突き詰めていけるのであり、
動画制作をやっている方でもここまでじっくり関われる機会はなかなかないと思います。

時代やトレンドはどんどん変わるので、動画の形も変わっていくと思います。
そうした時に、深く一つのサービスに関わって色んな経験をした事が
次に繋がると思っているので是非ご興味ある方は一緒に働きませんか?
また、他社も含めて広告動画を見るときに、
このあたりの背景もイメージしてみるとより色々楽しめるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。